FC2ブログ

記事一覧

デリーはビジー

「インドでの服を買いにいこう。
お前の恰好だと観光客と思われて、高い値段をふっかけられるぞ。」
ということで、服を買いに行くことになりました。
ボクの服装はTシャツにスウェットズボン、
という決して裕福な格好ではないのですが、
インドで浮いていることは確かです。

メインバザール(ニューデリー駅のすぐ近くにあるショッピング街)
は観光客向けで高いので、もっとローカルなところに行こう。
とのことで、
リキシャで道路を走ったのですが、
デリーの道路はマジでカオスです。
(※今回も写真はネット上のフリー素材です。すいません。)

道路2

まず、車線という概念がありません。
隙間があれば皆突っ込んでいきます。

一見とんでもない渋滞を起こしているように
見えるのですが、
無秩序に前に進んでいます。
本当に無理やり進むので
短い間にヒヤリ・ハットが何回もありました。

基本的に車間距離は、ほぼゼロ距離です。
もう車のパーソナルエリア侵されまくりです。
ドライバーは巧みなブレーキコントロールで事故を神回避しています。
インドの道は、間違いなく難易度Sですね。
道路1


あと同じ道路に色んなものが走っています。
車、バイク、牛、徒歩、自転車。
区別というものがありません。
バイクはアクション映画みたいに
車の隙間を縫って走行しています。
インドのライダーは皆スタントマンに
なれるんじゃないですかね(笑)
道路3

ヒンドゥー教では牛は神聖な動物として大切に扱われています。
そのおかげか、牛は我が物顔で道路に堂々と居座っています。
牛は全く車を恐れている様子がありません。
神聖な動物なだけに、悟りを開いているのでしょうか。
「ここで終わるのなら、それまでの人生だった、というだけだ。」
こんな牛の声が聞こえてきそうです。


人も車の間を縫って移動しています。


そして
少し車が止まっている間に、乞食がお金を要求してきます。


あと、走行中のリキシャに走って乗りこむ人や


車の上に人がいたりします。

映画のワンシーンみたいなことがあちこちで繰り広げられています。


あと、
道路は超うるさいです。
クラクションと怒号が飛び交っています。

なぜか皆メチャクチャ急いでいます。
親が危篤状態とか、赤ちゃんが生まれたとか、
そういう人生の一大事レベルの急ぎ方をしています。

ティトーが
「この町はbusy(忙しい)だろ」
と言っていましたが、本当に
busyという概念がそのまま具現化したような道路です。


目的地にたどり着き
ティトーが言う通りの服を買いました。

クルタ、といわれるインドの伝統衣装です。

クルタ


「これでもうお前は観光客に見えないぞ」
とティトーは言っていましたが、

これ着てる人あんまりいないんだけど(笑)

日本で例えるなら、
外国人観光客が浴衣を着ている感じ。

よけい観光客感が増している気がする(笑)
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おしゃれやん。笑✨

Re: タイトルなし

> おしゃれやん。笑✨

おしゃれかな?(笑)
日本帰ったら、パジャマとしてしか使わないと思う(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すみとも

Author:すみとも
すみともです!
北海道大学文学部宗教学インド哲学講座4年生です。
2018年8月7日~9月26日までインドにいます。

フリーエリア

フリーエリア